遺伝子の乗り物をのりこなそうよ

冬が過ぎ春も駆け抜けて夏間近
季節めぐって変わらず回復へのチャレンジが続いている
失語、失行は相変わらずだけど去年よりも意思疎通が速やか
それってすごいことじゃないかな?


リコード法、スタートして 2年と・・・あれ?どれくらいたったのかな?
もう、いろんなことがありすぎて訳がわからなくなってしまいました。

最近の会話から

Rube:あれ?オレ、退職して何年たったかな?

Musica:3年とちょっとだわ

R:え?まだそんなもんか?う~ん・・・記憶がさ、結構ぼやけてる部分があって、遠い、遠い、めっちゃ昔のような気がする。気が付いたら「あれ?なんでオレここにおるねん?」ってさ、浦島太郎みたいな気分だ。

M:むふふふ、ここ1年ばかりのチョー絶リハビリの印象が強すぎる?

R:いや、まあ・・・とにかくこれまで何しとったんやっけ?みたいな感じか。怖いでえ。

M:ま、ね、退職直前なんて、かなり混乱してたから何やってたかもよくわかんないのはなんとなくわかるなあ。思い出さんでもええんとちゃう?(思い出したって辛いだけだからさ)


会話の中に見え隠れする アルツハイマー病の脳との付き合い方の変化。
つい2週間まえ アルバムめくって過去60年の旅に行った時 高校卒業から退職までの記憶がほとんどアクセスできなかった。どういうことなんだろうね?そして、また繋がろうとしてるのかな?玉手箱の中にしまわれた記憶が見え隠れ???


R:あのさ、オレなんでこんなことになったんだ?

M:おっとお、また来たか!何回も説明しただろう?

R:ご、ゴメン 聞いた覚えはあるけど、頼む、もう一回!でさ、だから、いったいどういう病気でこれからどうなるん?

M:(うううう、説明するたびにこじれるから正直イヤなんですけどおお)聞く気ある?なかなかにコワイ話も出てくるよ。

R:頼む!オレも知っとかなあかんやろ?


何回説明しても、脳のモードが変わるたびに印象に残る部分が変化して、なかなか完全な理解には至れない。それがわかっててもやっぱり知ろうとしてくれるのは悪いことではないよね。


「標準医療ではなおらないことになってて」→「治ってきてるって言うてたやんか?あれウソか?」→「だからああ、なんとか治そうと努力しててええ」→「どうやって?」→「ごはん・すいみん・うんどう・おふろ、って」→「またそれか!?」→「またそれや!病院では治してくれないからあれこれ必死で調べてやってもらってるのだああ。さあ、リハビリやろう!」→「え~今、治ったゆうたやん?治ってへんのやったら入院か?」→「ちゃうわな~!」


さながら漫才のような会話を延々と繰り広げておりますが・・・


R:だいたいなんでこんな病気になったんだ?ん?

M:だ~か~ら~カビ毒だったり、暴飲暴食だったり、不規則な生活だったり、いろいろあるけどさ、さかのぼっていくと そういう生活でスイッチ入っちゃう遺伝子で生まれてきたってことにたどり着くよ。

R:・・・いつもゆうとるなあ、それ。ほなどうしょうもないやんけえ。

M:も~う~だ~か~ら~遺伝子は変えられないけど、そのほかの原因を徹底的に何とかしようとめちゃめちゃに努力してんの、知らんとは言わせへんでえ

R:まあ、やっとるなあ。色々と調べとるけど、で?たとえば何ができる?

M:ごはん・すいみん・うんどう・おふろ

R:はあ?ま~た~か~

M:ま~た~や~

R:やっとるやんけ

M:もっと、ずっとやっとくれ~


突き詰めていくと遺伝子にたどり着いてしまう。
なんでよりによってこんな組み合わせで生まれてきたかなあ?と ご先祖様を恨みたくなったりもしましたが、病気を起こす遺伝子だけじゃない!長い間受け継がれてきたたくさんの遺伝子、その奇跡的な組み合わせでこのナイスキャラのRubeYorozuは生まれて、生きて
そして、私たちは3人の子供に遺伝子を手渡した。


20年前 小学校で「命」の授業を受けてきた長男くんが報告

Rube Jr.1:ねえ、パパ、いつもパパが言ってたことわかった。僕たちは何のために生きてるのか。僕たちは遺伝子の乗り物なんだ。

R:はははは そうだな、よくわかったな。大切な遺伝子を乗せてる身体を大事にしろよ。そして次世代に手渡すんだぞ~


悔やむために遺伝子検査をするんじゃない。
どんな個性の遺伝子様? 人生つづくあいだどうぞ安全に乗っかってもらえるように どうすれば遺伝子様の乗り物を整えられるのか?

メチレーション関連遺伝子
早く検査結果かえってこないかなあ?

ヨロズのチャレンジつづきます

↓こちらです
https://www.holisticheal.com/dna-nutrigenomic.html
23andme の遺伝子検査を検討なさっておられるなら、こちらをおススメします。あとあととても役に立ちます。(495.00ドル)

日本語サポート付き はこちら(215,000円)

なんでこんなにお値段が!?ってほどの違いがありますが、

88ページのガイドブック
247ページの遺伝子別 対応の手引き
63ページのそれに対する解説

検査結果に対する解析、アドヴァイス、すべて日本語でサポートなしで乗り切るのはかなりの根性がいるものかと思われます。
経済的に苦しいヨロズは可能な限り英語で頑張ります。

ヌートリジェノミクスは まずこちらの本から

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
価格:4320円(税込、送料無料) (2019/4/8時点)


Amyプロトコルの日本語による全面サポートはこちらです

インフォメーション

RECODEプロトコルに必要なものは 毎日根気よくつづけること。どんなにつらくなっても信じること。身体と命を守るための当たり前の行動だから 必ず良い反応があります。主体は本人、そして支える家族。

実行者、回復者が増えてくることを望んでいますが、中途半端な実行は危険なこともありますから、しっかりとしらべていただきたいと思います。




まずは「アルツハイマー病の真実と終焉」をお取り寄せしてみましょう。

【重要!!】
リコード部の黒沢うにさんがまとめてくださいました


ここに経験者、仲間がいます。アルツハッカー掲示板メンバー登録


YOROZUサポートDr.をお知りになりたければ個人的に連絡くださるのも歓迎します。

私たちよりももっと大きく改善する可能性のある方が大勢いると思っています。
主人は改善が難しいと言われる型ですが 私たちはあきらめていません。



生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします



YOROZU×YOROZUの音楽活動にもご支援いただけましたらありがたいです


主人への取り組みをベースにリコード目線で音楽療法を編み上げました。リラクゼーション&フィジカルトレーニングに音楽を組み合わせ個人仕様でお手伝いします。幼児からシルバーまで!ヴァイオリン・ピアノ・ヴォーカル 楽しく学ぶならここ /京都 よろず音楽塾

オリジナルCDできました(¥1000+送料)お問い合わせください



Youtubeチャンネルにリハビリの様子が時系列でならんでいますYOROZU×YOROZU

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと