投稿

崖っぷち匍匐前進の友 / ヨロズの本棚より「ニセ医学に騙されないために」

イメージ
炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。
主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。 あの手この手 猫の手孫の手 リコードを超え、どこまでも荒野に分け入って挑戦はつづきます。


いつも崖っぷちを勘を頼りあるいている私たち 危なっかしさを心配して ある方から本を紹介していただきました

読みました 考えました とても面白かった
そして う~ん・・・とかんがえこんでしまいました。
ニセ医学は他の方法を否定する。ニセ医学は何でも治すと大風呂敷を広げる。ニセ医学は高額な設定をする。なるほど なるほど。一般的な視点で見て良書だと思います。わかりやすくて一読の価値あります。おススメ。
そして、アルツハイマー病と闘うには、リコード&プラスα実行するには少し補足、もっとシビアに考えたいと。

若年性&Ⅲ型&中期から出発で大苦労している個人の意見ですが 何かのご参考になれば、と思います。本気のリコーダー諸氏、できるならこの本を読んで、いっしょに考えてみてください。

考えたこと その1 まず 大切なのはこれは「効きますよ」と言われても「当たり前でしょう」と言われても「身体になにが起こるのかをきちんと勉強しなさい」ということ。それ以外にない、ということ。リコードも ただくり返すだけだと効果を持続できません。

当たり前といえば当たり前。

そして 考えたこと その2 自然治癒するような場合や 病気じゃなくて健康志向だったら イワシのアタマも信心、信じる心からプラセボ効果で良くなった気がしても悪いことじゃない。でも、高いお金を支払うのはいかがなものか?高いお金払ったからこそ効いた気がする?

だったら 高額なものほど「治ったよ」という話は鵜呑みにしない方がいいかも?
ただでさえ保険適用外が多くて費用がかさむリコード、必要なところにきっちり使っていきたいです。(本音は、保険適用の部分がふえてきてほしいですが)そのお金は本当にそれだけの価値がありますか?シビアな問題です。

さらに 考えたこと その3 世の中にはつらい病気、苦しい病気がたくさんあって、何とかよくならないかなと希望を探す人がたくさんいるんだなってこと。そう、つらいのは病気のせい。病院、Dr. みんな一緒に病気…

ヨロズ秋の遠足

イメージ
炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです
冬が来る前にレポート
リコードを実践するリコード部の皆さんをお誘いして秋の遠足に行ってまいりました



アルツハイマー病は恐ろしい病気!
スーパー健康な生活、身体で対抗していくために、「運動」はリコードの重要なポイントです。
何から始めていいかわからない場合は、まずはお散歩。
身体中で刺激を受け取りながら さあ、歩きましょう!
第一弾 宝ヶ池一周(初級コース)






小春日和の午後 ぽかぽかあたたかな日差しの中 約1時間のお散歩のあと ベンチでおやつタイム おのおのリコードOK?なおやつの紹介、日ごろの苦労話etc. 第2弾 修学院の山裾(中級コース)






紅葉の名所をハシゴする坂道登って降りてずんずん歩く強行軍 ランチタイムはヨロズ手抜きごはんで リコード談義に花を咲かせました
次回は八瀬~三宅八幡 ミステリアスコースなどいかがでしょうか? それとも桜の季節に 高野川河川敷ランニング?
コンスタントに運動をする 提案を兼ねたイヴェントをこれからも考えてまいりますね リコードがんばる皆さん、サポーターの方々 今後もよろしくお願いいたします インフォメーション RECODEプロトコルに必要なものは 毎日根気よくつづけること。どんなにつらくなっても信じること。身体と命を守るための当たり前の行動だから 必ず良い反応があります。主体は本人、そして支える家族。
実行者、回復者が増えてくることを望んでいますが、中途半端な実行は危険なこともありますから、しっかりとしらべていただきたいと思います。

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリス

アルツハイマー病を本気で治したいあなたへ

イメージ
炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。

診断の場でDr.から告げれられるコトバ
「この病気は進行します。できるだけ長く よい人生の時間を過ごせるようにしましょう。」 翻訳:(治療法がない。つまり、進行の果てに落命するまでの時間、対症療法を提供します) 真に受けていませんか? 初期に始めれば、改善、寛解もありうるリコード法があります。 命を奪う勢いの病気ですから、一筋縄ではいきませんが 本気で取り組めば裏切られることはありません。

リコード法はUCLAのDr.BREDESENが提唱している アルツハイマー病改善メソッドで、すでに全世界で100例を超える明らかな改善が報告されています。
このほど発表されたDr.BREDESENの最新論文を訳してくださったブログを紹介します。

ブレデセン医師の最新論文の訳(1) - abstract -
ブレデセン医師の最新論文の訳(2) -introduction -
ブレデセン医師の最新論文の訳(3) -case studies−
ブレデセン医師の最新論文の訳(4)-discussion – ブレデセン医師の最新論文を読んで(感想)
日本に紹介されて10カ月余り、改善のニュースが飛び交い始めました。

主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。
それでも、リコードに出会う以前の激しい進行からは考えられない 安定した状態をキープしています。失行症には悩まされていますが、認識力や記憶障害や計画性など、たくさんの能力を取り戻しました。
コーヒーメーカーを炎上させ、洋服のボタンを引きちぎり、横断歩道の真ん中で仁王立ちになってわけのわからないことを叫んだりしていた主人です。
ちょっとのことでバランスを崩して大けがをすることもなくなりました。
さらに改善を目指してあの手この手 猫の手孫の手 リコードを超え、どこまでも荒野に分け入って挑戦はつづきます。
リコード法を続けていくのはかなり大変。
それでも、あれこれの大変さを圧してまで私たちがリコード選択している理由は
標準医療の枠内で考える限りアルツハイマー病は「ただ、死んでいくのをじっと見ているしかない病気」とされている
からです。
以下の記事で1年半の間リコードを続けてきて その体験か…

リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その3

イメージ
炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。
主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。 あの手この手 猫の手孫の手 リコードを超え、どこまでも荒野に分け入って挑戦はつづきます。
あれこれ大変さを圧してまで私たちがリコード選択している理由は
標準医療の枠内で考える限りアルツハイマー病は「ただ、死んでいくのをじっと見ているしかない病気」とされている
からです。
1年半の間リコードを続けてきて その体験から知ったこと、学んだこと、考えたこと 個人的 独断と偏見で語る、第3弾です。

第1弾&第2弾はこちら リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その1
リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その2
あくまでも個人的意見です。お気づきの点はご教示いただければ嬉しいです。
出発したころのリコードのイメージから リコードに出会ったのは このブログ ↓
母が若年性アルツハイマー病と診断されて9年目、MMSE24点まで改善維持。 認知症症状を世界で初めて逆転させた症例研究リコード法をベースに回復治療を目指しています。 日本初の認知症回復系ブログ
「アルツハイマー病 真実と終焉」出版より10カ月前、まだリコードがMENDプログラムと呼ばれていたころです。当時は絶望的な急進行で、坂道を滑り落ちるような勢いで 毎日のようにできないことが増えていました。 考えられる手は全部うっても崩れていく一方で思考停止状態、どうせダメなんだからなんだっていいや的なアプローチで随分いい加減にはじめていきました。それでも4か月ばかりたつころには・・・
これは変化ありだと思いませんか?アルツハイマー病への挑戦
”The End of Arzheimer's”の出版もまだのころです。無知も甚だしい状態でしたが、上記ブログの管理者様から直々にアドヴァイスをいただいたり、このままではマズいなと主治医に協力を頼んだり よくぞ谷底に転落しなかったという危なっかしい綱渡りを1年間ばかり続けてきました。 詳しくはこちらへ ↓

リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :そ…

リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その2

イメージ
炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。
主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。 あの手この手 猫の手孫の手 リコードを超え、どこまでも荒野に分け入って挑戦はつづきます。
あれこれ大変さを圧してまで私たちがリコード選択している理由は
標準医療の枠内で考える限りアルツハイマー病は「ただ、死んでいくのをじっと見ているしかない病気」とされている
からです。
1年半の間リコードを続けてきて その体験から知ったこと、学んだこと、考えたこと 個人的 独断と偏見で語る、第2弾です。



第1弾はこちら リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その1
そして第3弾はこちらへ
リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その3
あくまでも個人的意見です。お気づきの点はご教示いただければ嬉しいです。
出発したころのリコードのイメージ リコードに出会ったのは このブログ ↓
母が若年性アルツハイマー病と診断されて9年目、MMSE24点まで改善維持。 認知症症状を世界で初めて逆転させた症例研究リコード法をベースに回復治療を目指しています。 日本初の認知症回復系ブログ
「アルツハイマー病 真実と終焉」の原著がアメリカで出版される以前のことです。当時はMENDプログラムと呼ばれていました。
MENDってば何じゃらほい?何やら怪しい健康法?効果があるならやってみる?
新聞広告に載っているサプリメントや 週刊誌情報とたいして変わらないノリで近づいていきました。そのころの理解は「健康法」。主治医にはナイショの、そしてナイショでできる範囲の いわば気休めのようなものとして始まったリコードとのお付き合いでした。
なぜ保険診療でリコードができないのだろう まさかお世話になっている病院の提示する治療(?)にモノ申す気などなく、ナイショの範囲で構わない、気休め健康法だったリコードですが、食事、サプリメント、睡眠等規則正しい生活など4カ月ばかりで 効果らしきものが出始めました。予期していなかったサプライズでした。
これは変化ありだと思いませんか?アルツハイマー病への挑戦
あれこれやっているうちに 「どう…