投稿

アルツハイマー病を本気で治したいあなたへ

イメージ
炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。

診断の場でDr.から告げれられるコトバ
「この病気は進行します。できるだけ長く よい人生の時間を過ごせるようにしましょう。」 翻訳:(治療法がない。つまり、進行の果てに落命するまでの時間、対症療法を提供します) 真に受けていませんか? 初期に始めれば、改善、寛解もありうるリコード法があります。 命を奪う勢いの病気ですから、一筋縄ではいきませんが 本気で取り組めば裏切られることはありません。

リコード法はUCLAのDr.BREDESENが提唱している アルツハイマー病改善メソッドで、すでに全世界で100例を超える明らかな改善が報告されています。
このほど発表されたDr.BREDESENの最新論文を訳してくださったブログを紹介します。

ブレデセン医師の最新論文の訳(1) - abstract -
ブレデセン医師の最新論文の訳(2) -introduction -
ブレデセン医師の最新論文の訳(3) -case studies−
ブレデセン医師の最新論文の訳(4)-discussion – ブレデセン医師の最新論文を読んで(感想)
日本に紹介されて10カ月余り、改善のニュースが飛び交い始めました。

主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。
それでも、リコードに出会う以前の激しい進行からは考えられない 安定した状態をキープしています。失行症には悩まされていますが、認識力や記憶障害や計画性など、たくさんの能力を取り戻しました。
コーヒーメーカーを炎上させ、洋服のボタンを引きちぎり、横断歩道の真ん中で仁王立ちになってわけのわからないことを叫んだりしていた主人です。
ちょっとのことでバランスを崩して大けがをすることもなくなりました。
さらに改善を目指してあの手この手 猫の手孫の手 リコードを超え、どこまでも荒野に分け入って挑戦はつづきます。
リコード法を続けていくのはかなり大変。
それでも、あれこれの大変さを圧してまで私たちがリコード選択している理由は
標準医療の枠内で考える限りアルツハイマー病は「ただ、死んでいくのをじっと見ているしかない病気」とされている
からです。
以下の記事で1年半の間リコードを続けてきて その体験か…

リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その3

イメージ
炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。
主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。 あの手この手 猫の手孫の手 リコードを超え、どこまでも荒野に分け入って挑戦はつづきます。
あれこれ大変さを圧してまで私たちがリコード選択している理由は
標準医療の枠内で考える限りアルツハイマー病は「ただ、死んでいくのをじっと見ているしかない病気」とされている
からです。
1年半の間リコードを続けてきて その体験から知ったこと、学んだこと、考えたこと 個人的 独断と偏見で語る、第3弾です。

第1弾&第2弾はこちら リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その1
リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その2
あくまでも個人的意見です。お気づきの点はご教示いただければ嬉しいです。
出発したころのリコードのイメージから リコードに出会ったのは このブログ ↓
母が若年性アルツハイマー病と診断されて9年目、MMSE24点まで改善維持。 認知症症状を世界で初めて逆転させた症例研究リコード法をベースに回復治療を目指しています。 日本初の認知症回復系ブログ
「アルツハイマー病 真実と終焉」出版より10カ月前、まだリコードがMENDプログラムと呼ばれていたころです。当時は絶望的な急進行で、坂道を滑り落ちるような勢いで 毎日のようにできないことが増えていました。 考えられる手は全部うっても崩れていく一方で思考停止状態、どうせダメなんだからなんだっていいや的なアプローチで随分いい加減にはじめていきました。それでも4か月ばかりたつころには・・・
これは変化ありだと思いませんか?アルツハイマー病への挑戦
”The End of Arzheimer's”の出版もまだのころです。無知も甚だしい状態でしたが、上記ブログの管理者様から直々にアドヴァイスをいただいたり、このままではマズいなと主治医に協力を頼んだり よくぞ谷底に転落しなかったという危なっかしい綱渡りを1年間ばかり続けてきました。 詳しくはこちらへ ↓

リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :そ…

リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その2

イメージ
炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。
主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。 あの手この手 猫の手孫の手 リコードを超え、どこまでも荒野に分け入って挑戦はつづきます。
あれこれ大変さを圧してまで私たちがリコード選択している理由は
標準医療の枠内で考える限りアルツハイマー病は「ただ、死んでいくのをじっと見ているしかない病気」とされている
からです。
1年半の間リコードを続けてきて その体験から知ったこと、学んだこと、考えたこと 個人的 独断と偏見で語る、第2弾です。



第1弾はこちら リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その1
そして第3弾はこちらへ
リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その3
あくまでも個人的意見です。お気づきの点はご教示いただければ嬉しいです。
出発したころのリコードのイメージ リコードに出会ったのは このブログ ↓
母が若年性アルツハイマー病と診断されて9年目、MMSE24点まで改善維持。 認知症症状を世界で初めて逆転させた症例研究リコード法をベースに回復治療を目指しています。 日本初の認知症回復系ブログ
「アルツハイマー病 真実と終焉」の原著がアメリカで出版される以前のことです。当時はMENDプログラムと呼ばれていました。
MENDってば何じゃらほい?何やら怪しい健康法?効果があるならやってみる?
新聞広告に載っているサプリメントや 週刊誌情報とたいして変わらないノリで近づいていきました。そのころの理解は「健康法」。主治医にはナイショの、そしてナイショでできる範囲の いわば気休めのようなものとして始まったリコードとのお付き合いでした。
なぜ保険診療でリコードができないのだろう まさかお世話になっている病院の提示する治療(?)にモノ申す気などなく、ナイショの範囲で構わない、気休め健康法だったリコードですが、食事、サプリメント、睡眠等規則正しい生活など4カ月ばかりで 効果らしきものが出始めました。予期していなかったサプライズでした。
これは変化ありだと思いませんか?アルツハイマー病への挑戦
あれこれやっているうちに 「どう…

リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その1

イメージ
炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。
主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。 あの手この手 猫の手孫の手 リコードを超え、どこまでも荒野に分け入って挑戦はつづきます。

「おかしい、これは普通じゃない」そう気づいてからもうすぐ5年、退職から2年と半分、リコードに出会って1年と半分。
この間の体験から知ったこと、学んだこと、考えたこと
個人的 独断と偏見で語ってみたいと思います。 あくまでも個人的意見です。お気づきの点はご教示いただければ嬉しいです。 今回 リコードに取り組みながら変化していったリコードに対するイメージ、理解、まわりの反応等で綴ります。

続編
リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その2
リコード・標準医療・私費検査・自由診療・代替え医療・民間療法・健康法 を考える :その3
出発したころのリコードのイメージ リコードに出会ったのは このブログ ↓
母が若年性アルツハイマー病と診断されて9年目、MMSE24点まで改善維持。 認知症症状を世界で初めて逆転させた症例研究リコード法をベースに回復治療を目指しています。 日本初の認知症回復系ブログ
「アルツハイマー病 真実と終焉」の原著がアメリカで出版される以前のことです。当時はMENDプログラムと呼ばれていました。
MENDってば何じゃらほい?何やら怪しい健康法?効果があるならやってみる?
新聞広告に載っているサプリメントや 週刊誌情報とたいして変わらないノリで近づいていきました。そのころの理解は「健康法」。主治医にはナイショの、そしてナイショでできる範囲の いわば気休めのようなものとして始まったリコードとのお付き合いでした。
標準医療下でのアルツハイマー病とは 指の自由が利かない、言葉がもつれる。主人の異変は何か脳の異常?脳梗塞?脳卒中?とにかく寄らば大樹の影、同じかかるなら最先端医療ができる大学病院へ
そのおかげで 記憶障害がない、MRIでの異常も見られない段階で、 「アルツハイマー病」という病名を上げて、追いつめることができた。主人の診断には病棟、外来 での指導官的立場の3医師が関わっている。最先端検査装置、検査技術はやはり…

ヨロズごはん手抜きのススメ:どうせ抜くなら徹底的に

イメージ
炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。
何かと生活に制約が多いリコード法、中でも食生活を厳格にしようと思ったら結構ストレスかかります。続けていくにはどうやってストレスから逃げるか、大切。
ちょっと発想の転換、これだってかなりイケてるとおもいませんか?


主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。
食生活はリコード法の要 だからしっかりとやりたい。
「アルツハイマー病 真実と終焉」にも 推奨食材がびっしりと書かれていて、「・・・の効果があるから***を」食べよう。
目的は マイルドケトーシスであったり 解毒であったり 腸内環境の整備であったりするのですが、糖質が何グラム以下、たんぱく質が・・・などなど、考えてしまったら前へ進めなくなります。完璧でなくても、まあまあOKな食事の方が あきらめてしまうよりずっといい。
「いいもの食べよう」はひっくり返せば「ダメなもの食べない」
よ~く考えてみよう、手間ヒマかけて調理しろなんてどこにも書かれていない。

「どんなにがんばっても今日はとてもお料理できそうにない」
そんな日はこんなことしちゃう!大胆ヨロズの手抜き食を暴露いたします。

ファミマでランチ?

このごろ増えましたね、イートインコーナーのあるコンビニ。毎日毎日 作って 食べて 片付けて、作って 食べて 片付けて。バタバタ帰宅して作りたくない日もある。片付けたくない日もある。
ヨロズの館 徒歩2分のところにゆったりイートインのあるファミリーマートがあります。
ファミマがバターコーヒーを出してくれたのはとてもうれしい。これでMCTオイルが充分とれるとは思いませんが ひとまず「ダメなもの」ではありません。

この日のメニュー

洗わずに食べられる千切りキャベツと玉ねぎミックス ズバリ生野菜のみ
干しいも 原材料サツマイモのみ
”有機”むき栗、”有機”ですよ~
 いらない油脂を使ってない ナマアーモンドだったらもっとよかったのにな
 ちょっと気になる調味料とph調整剤 なにが使われてるんだろう?

おでんのたまご ホントはおつゆのお醤油、お砂糖は避けたい 「あ、おつゆかけないで!」と言いそびれてしまいました

2人で\1,553 なり コスパとしてどうかはさておきしっ…