【番外編】 認知症の兆候だったかもしれない事柄たち


こんにちは&はじめましてMUSICA YOROZUです

若年性アルツハイマー病 中期にさしかかり
生きがいだったオーボエの演奏を奪われていく音楽教師
ゆるやかに変化していく日常は見知らぬ世界へ

いつもの考察はちょっとお休みして
今になってかんがえてみると認知症の兆候だったかもしれない
そう思える事柄たちを記録しておきます

万が一よく似た経験をしていたら
脳機能の不具合の可能性があるのでは と疑ってみてはいかがでしょう?


映画・小説を楽しめない

時間の流れが一方向でないもの
・バック・トゥ・ザ・フューチャー
・アマデウス
・レッド・バイオリン

登場人物が入り乱れているもの
・悪魔の手鞠うた
・こうもり(喜歌劇)

バック・トゥ・ザ・フューチャーは20年以上前ですが そのころから兆候があったのかもしれません

変装したり 偽名を使ったり 時間を前後しての場面の切り替えなどに不快感を示していました

バラエティー番組に嫌悪

早いテンポで 雑然と会話が飛び交う 多くの音が押し寄せる 急に笑うなど 整理されない情報にイライラする様子でした

頭の一部分に油が染み出るような汗をかく

15年ぐらい前から 集中して作業をすると 左の耳の上あたりに汗が噴き出すと訴えるように。
不快感でなく 爽快だったようだが、血流の低下は左側頭部から始まった・・・関係はわかりませんが気になっていることです

現在も寒い日であっても 左こめかみ付近に油が光っていることが多くあります

後ろ手でベルトをとおす

10年ぐらい前から背中がわのベルト通しが通せていないことが頻発
エプロンの紐を後ろ手で結ぶなどもチェックしてみてはどうでしょうか

鏡を使わずネクタイを結ぶ

指先の感覚で 交差する 保持する間を通すなどが手順よく進められず混乱
主人はこれがきっかけで受診につながりました

指先をあわせる

神経内科でのチェック項目、指先をあわせてキツネの顔をつくる

ぜひやってみてください

  

気になったことを記録しました。認知症チェックテスト多々ありますが まず、後ろ手のひも結びとキツネの顔はすぐにできるチェックです。さらにバラエティー番組が堪えがたくうるさいと感じるようになったなど 心当たりがあるときは くわしいチェックテストまたは受診をおすすめします。

早期に発見すれば進行を止められる可能性が高くなります!

みんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会

下記リンク 興味をもっていただけましたら ぜひともご参加ください




渡れない川をはさんで

私には主人から見えている世界を正確に知ることができず また 主人の方からも私のいる世界を把握することがむずかしくなる そして 二つの世界をへだてている川は時とともに幅を増していく日常です

生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと