若年性アルツハイマー病が治るかもしれない!!


こんにちは&はじめまして
MUSICA YOROZUです

若年性アルツハイマー病 中期にさしかかり
生きがいだったオーボエの演奏を奪われていく音楽教師
ゆるやかに変化していく日常は見知らぬ世界へ

同行二人旅の記録となります

初診から3年と6ヶ月
診断から2年
じりじりと不便はせまってきますが
まだまだ
普通に生活できています

もしかしたら今なら間に合うかも

MENDプログラムをもとに回復をめざして行動をはじめました



いま、こんなことがおきています

食生活を中心に 体質改善を目指すMENDプログラムに出会って 可能なところからひとつずつ実行して3か月です

関連ブログ記事

5ヶ月と半分前の練習(2月15日)
脳スペクトによると血流が低下しているのは 左側頭葉
正直なもので 右手の自由がきいていません


この後 どうにも動いてくれない指と 認識の混乱から この練習はあきらめて 右手小指、薬指を使わずに演奏できるオリジナル曲を作る方角に変更しました





4月下旬から食事療法の改善に取り組んで3か月、ハーブを加えて半月です
昨日の練習(7月27日)
5ヶ月前の薬指がはりついて離れない状態から 薬指のコントロール改善はもちろん、小指も微妙な位置を探り当てています



オーボエのキーの並び方がこんなに複雑だとは 知りませんでしたが 実際これは大変な作業


←右の小指で3つのキー
  左の小指で5つのキー→

ボタンをとめるのに苦労する
指の失行を押して
こんなことを練習してるなんて



毎日5~6時間かかって
当たり前だ~





半月前のブログ記事 うらがえしのカブトムシ


食事、生活習慣、ハーブ、サプリメント etc.これは 効果があったんだと思いたいっ!!!

こんなことをしています

・デトックスなメニュー
・糖質制限+ココナツオイルの摂取
・グルテンフリー
・15時間の断食
・ゴマ油・オリーブオイルの使用
・ビタミン他 サプリメントの摂取
・ハーブの摂取
・朝の抹茶
・早寝はやおき
・C-PAPによる睡眠時無呼吸症対策(酸素の確保)
・空間殺菌(血液の浄化効果あるかも?)
・コンスタントな家事労働
・オーボエの練習(脳トレ・指トレ・有酸素運動)

そしてこんな経験しましたorz

ハーブを始めてから 快調だった認識、指のコントロール
な・の・に・・・!!
突然 コトバがカミカミ&単語が出てこない

メニューに何かよくないものが?
やっぱり進行には抗し難いの?

がっかり おちこみ
のち
ちょっとまて よ~く考えてみよう

そして思い当たりました
みかんの産地からおくってもらった100%みかんジュース
ここのところ暑かったですからね たくさんたくさん飲み始めてからの変化です

清涼飲料水よりずっといいよね

そう思っていましたが 過ぎたるは また 及ばざるがごとし
みかんの果糖過剰で糖質制限がくずれて・・・いたようです
ジュースを飲みつくして2日
あああああ なんと カミカミが治りました

相変わらずの失語傾向ですが 以前の状態に

この経験は逆に
糖質制限+ココナツオイルが効果があることを裏付けている気がします

身体は不思議で 正直なものだと実感しました

人生は一度きり

ただ進行していくだけ
「時」が来るまでを有意義に過ごすことしかできないアルツハイマー病とされています

「治るかもしれない」と信じて毎日を有意義に過ごす

MENDプログラムに出会って 今 そんな「有意義」を選択しています



MENDプログラム紹介するブログはこちらですhttp://alzhacker.com/



渡れない川をはさんで

私には主人から見えている世界を正確に知ることができず また 主人の方からも私のいる世界を把握することがむずかしくなる そして 二つの世界をへだてている川は時とともに幅を増していくのはさけられない

アルツハイマー病がそんな病気だとしても 衰えない音楽への情熱、毎日欠かさないオーボエの練習・・・川の向こうから届く音が たくさんの情報を伝えてくれています

できることならいつまでも分かり合えるように そんなジタバタチャレンジの記録です

今後どうなるか是非お見守りください


みんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会

下記リンク 興味をもっていただけましたら ぜひともご参加ください

みんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会 練習風景 その他音楽活動アップしていますYOROZU×YOROZU


生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと