記憶の中へ / 音読からはじまる小さな冒険


こんにちは&はじめまして
MUSICA YOROZUです

若年性アルツハイマー病 中期にさしかかり
生きがいだったオーボエの演奏を奪われていく音楽教師
ゆるやかに変化していく日常は見知らぬ世界へ
同行二人旅の記録となります

初診から3年と6ヶ月
診断から2年

じりじりと不便はせまってきますが
まだまだ
普通に生活できています

もしかしたら今なら間に合うかも

MENDプログラムをもとに回復をめざして行動をはじめました


今日も脳トレやってます

今日は私が出かけなけらばならない日
じっくり付き合えるかどうか
「どうしよう?音読だけでもする?」と声をかけたら

「まず数独!」

との返事


所要時間15分

普通の問題に徐々に近づいていく
ブランクが多くなったので、まず「消去法」でいくつか埋めることを説明しようとしたけれど・・・



説明なかばで
「やってみるから だまっといて」
と いつものようにスタートしてしまう

説明聞くのはめんどうなんだろうか?

しかし
昨日ひとことアドヴァイスの『「枠」も見れば?』
はじめから使いこなしている様子
さらに
数字を書き込みながら 次に検証するべき箇所はどこかと
目で物色している様子
しかも
縦・横・枠 と 注目するポイントを移動している
頻発する3者択一ではぜったいに消去法を使っているので
もう説明いらないかと思う

今日の音読:C.P.E.バッハ

音楽家→おん=がっき
音楽家→おんがくがく
と 発音
か・き・く・け・こ が発音しにくいのはかなり前からの傾向で 補うために言いなれた単語へと自動的にスライドする模様

感動させることはできない→かんどうさせることはできた

おいおい 適当に慣性で口がすべってますね

う~ん・・・ほんまかいや?ま、このひとがゆうてることやねんげど
かある・ふぃりっぷ・えみにゅる・・・ととと
エマニュエル・バッハ

そやけど ひとによるでえ
感動しながら演奏したら 技術が不確かやったら変なことになる
下手な人にはこの格言はバツですねー

いい曲は感動的に演奏せんでも曲自体が感動できるようにできてるし
ふつーにえんそうしたらええねん
etc.

すっかり教師にもどってます
そして
左側ページの音読はスムーズに

興味を持てる内容で音読れんしゅうをするとプラスアルファの効果があるようです

そのほかに こんなことをしています

・デトックスなメニュー
・糖質制限+ココナツオイルの摂取
・グルテンフリー
・15時間の断食
・ゴマ油・オリーブオイルの使用
・ビタミン他 サプリメントの摂取
・ハーブの摂取
・朝の抹茶
・早寝はやおき
・C-PAPによる睡眠時無呼吸症対策(酸素の確保)
・空間殺菌(血液の浄化効果あるかも?)
・コンスタントな家事労働
・オーボエの練習(脳トレ・指トレ・有酸素運動)

やらんでもええけどやってもええんや

教師時代の主人
お決まりの「せんせえ なんで音楽なんかべんきょうせなあかんの??」との生徒からの質問に「やらんでもええけどやってもええんや」と答えていました

治療法がないと言われている病気をあいてにジタバタ

「やらんでもええけどやってもええんや」

今のところ毎日感動の変化が続いています

今後の展開お見守りください

みんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会

下記リンク 興味をもっていただけましたら ぜひともご参加ください

練習風景 その他音楽活動アップしていますYOROZU×YOROZU


生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします


こんなワクワクをプレゼントしてくれたMENDプログラムを紹介するブログはこちらですアルツハイマー改善ブログ Alzhacker

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと