さあ、動こう!アルツハイマー病に待っている時間はない


若年性アルツハイマー病が治るかもしれない
真っ暗なトンネルの中でみつけた光
MENDプログラムから
可能なことをひとつ またひとつ
実行するたびに不思議なことがいっぱいおこる
5ヶ月が経過したいま

ほんとのはなしです

主人のジョギングショット 

朝のジョギング

またひとつ新しいことがはじまった

今朝 いきなり

「走ってくるわ」

ええー!!ちょっとまって!

1年半ぶりに
朝日の中見送る

出かけていく主人の背中がたのもしい

仕事へと緊張して歩く背中じゃなくて
よし!やるぞ
前を向いて走り出す背中

脳細胞の再生には
どうやら一時的な記憶喪失のようなことがおこるらしい
(記憶障害じゃないよ)
脳トレが順調なように見えていて
かなりの復活だなと思った時
時々急激に襲ってきてびっくりする

いきなり大混乱になる
オーボエの指使い
いきなり書けなくなる音譜
そしてまた
いきなり力強く復活する

きのうから
発音

病気の進行でだんだんに失くしていくときは
本当にだんだん だった
迷子になったみたいに
おろおろしながら
足元がくずれるみたいに
途方にくれながら
だんだんに失くしていった

いきなりの大混乱
主人は笑う
「あれ~?なんでだろう~?」

心がぷるぷる柔軟で元気
エネルギーが満ち溢れている
「言葉がもつれるから 全身運動で活性化するんだ」
そんな朝のジョギング

朝の光のなかで
きっとまたたくさんの写真を撮ってきてくれるだろう
コーヒーを用意して
私は本を開く

第1章
 アルツハイマー病には根本的治療法はない
夢の薬の登場に期待をかけて
エネルギーがそそがれているけれど
待ってる場合ではない
英語で書かれた本を読み進めるのはなかなかたいへんだ
今日もできることを精一杯する
すぐにする
全部する


こんなアルツハイマー病

海馬のダメージはほとんどないから
記憶障害がほとんどない
主な症状は言語障害と手指の失行 小さな思考のつみかさねができない
不安と混乱でパニックになる
「Ⅲ型」とも「海馬温存型」ともいわれる
アルツハイマー病らしくないアルツハイマー病は
ほうっておくと普通の2倍のスピードで進行してしまう
行き着く先は生命維持機能の消失

恐ろしい病気と闘う手立ては
適切な栄養 適切な運動 すこやかな規則正しい生活
優雅でのどかな闘病生活で
身体が自然に健康をとりもどしていくそのスピードが 病気の進行を上回るか否か

穏やかでのどかな
けれど命がけのたたかい 





私たちの抗アルツハイマー対策

・デトックスなメニュー&食材の研究
・糖質制限+ココナツオイルの摂取
・グルテンフリー
・15時間の断食
・ゴマ油・オリーブオイルの使用
・ビタミン他 サプリメントの摂取
・ハーブの摂取
・朝の抹茶
・早寝はやおき
・朝のジョギング
・C-PAPによる睡眠時無呼吸症対策(酸素の確保)
・空間殺菌(血液の浄化効果あるかも?)
・コンスタントな家事労働
・オーボエの練習(脳トレ・指トレ・有酸素運動)
・お散歩(ぷち登山)
・音楽家の名言の音読
・数独
・ジグソーパズル
・通奏低音の勉強

ひとつひとつはとても小さな努力
効果を信じて 全部 ずっと続けていくと
点が線になって
 線が絡み合って
網になって
そのうちに面になって
こぼれ落ちていく細胞を受け止めてくれてるように!



みんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会

下記リンク 興味をもっていただけましたら ぜひともご参加ください

練習風景 その他音楽活動アップしていますYOROZU×YOROZU


生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします

こんなワクワクをプレゼントしてくれたMENDプログラムを紹介するブログはこちらですアルツハイマー改善ブログ Alzhacker

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと