”・・・don't treat blindly.” 目くらめっぽうやるもんじゃないよ

こんにちは&はじめましてMUSICAYOROZUです
ReCODEプロトコルver.ヨロズで若年性アルツハイマー病に挑みます
MMSE 5ポイントの急上昇を経てまだまだ続く8か月目の挑戦
わからないこといっぱい 不安だらけ でも 進むしかない

Dr.BREDESENの著書”The End of Arzheimer's”よりひとこと

第4部「成功を最大に!」第10章「うまくやろうじゃないか、きっとできるさ」
問題のありかを特定しよう!目くらめっぽうやるもんじゃない
栄養なのか ホルモンなのか 炎症なのか?きちんと調べてとりくむべき
そして 数カ月して効果がないならもう一度しらべること
改善してない項目に照準を合わせ 決して横着をしないように!
と このように書いておられます
横着しない・・・当たり前だけれど難しいですね

YOROZU×YOROZU 知らなかった日々 2

ReCODEプロトコルに出会う前の何もできずただ進行していくだけのⅢ型アルツハイマー病
2年と少し前、診断確定直後に始めた過去ブログから発掘します
「MCIどころか超早期、普通ならお引き取り願うぐらいの段階ですから 充分お仕事続けられますよ」と言われてから 2年足らずで 完全に仕事が破綻

ずうっといっしょに2016年01月01日

思い出作りは間に合うのか・・・

ただいま 離職活動中2016年01月08日 

なすすべなく進んでいく病状。朝出かけて 夕方無事に帰ってきてくれることだけが願い

だいじょうぶ あわてない2016年01月25日

「わからない」がふえていく。「できない」が増えていく。

かたつむり の うた2016年01月14日

よく言われる「音楽はなくならない」が見事に裏切られて心のよりどころさえも危うくなっていく
それでもまだ 時間がある 希望があると信じようと

病院で聞く話も 家族の会で聞く話も オレンジサロンでの勉強も あまりにちがいすぎ
いったいこれは何なんだ?
若年性は進行がはやい というほどにまわりの皆さんは進行していかない
主人のは特別に早いタイプ?
それならば なおのこと残された時間を無駄にするまい

2016年3月 ユニットYOROZU×YOROZUが始動しました


アルツハイマー病、早期発見 早期取り組み ぜったい大切ですよ

ReCODEプロトコル解説 第1章から第8章までのリンク一覧はこちら↓

激しゃべりYOROZU×YOROZU@講義室より抜粋

思いっきり言いたいこと言ってます

・病名は「若年性アルツハイマー病」
・マイノリティーとして人知れず闘ってきたこと
・洗脳されないで  
・もう命のカウントダウンじゃない
・復活のバロメーター      
・健康って何なんだろう

若年性アルツハイマー病って どんな病気だかホントのところ知っていますか?
死にむかって時計の砂が滑り落ちていくように 生きるための機能を失っていく病気 恐ろしい病との闘い 思い込みとの闘い 偏見との闘い
自分たちの信じる道を進みます
いつまた 病が勢いを増してくるかもしれない恐怖もあります

応援してくれた皆さん、ありがとうございました


みんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会

下記リンク 興味をもっていただけましたら ぜひともご参加ください

練習風景 その他音楽活動アップしていますYOROZU×YOROZU


生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと