ひとりじゃないさ

こんにちは&はじめましてMUSICAYOROZUです
ReCODEプロトコルver.ヨロズで若年性アルツハイマー病に挑みます
いったん着替えにも不自由するほどに進行してからの
MMSE 5ポイントの急上昇を経てまだまだ続く8か月目の挑戦
わからないこといっぱい 不安だらけ でも 進むしかない


Dr.BREDESENの著書”The End of Arzheimer's”よりひとこと
第4部「成功を最大に!」第10章「うまくやろうじゃないか、きっとできるさ」
SNSの利点をおおいに利用しよう。
同じような境遇にいる人とつながって 症状、問題点、疑問な点などを共有して語り合うのは心強いことだ。

くじけそうになった時 不安でどうしようもない時 F.B.グループの方々やお友達にどれほどたすけられているか!ありがたいことです。
アルツハッカー掲示板
そしてここにはReCODEに取り組む仲間がいます。


ヨロズの本棚から 4
主人のコレクション 本棚をながめていると「脳」や「認識」に関係する本や「言語」に関する本がかなり多い。
不安や自覚があったのかもしれない。赤鉛筆で書き込みがしてあったりする、15~20年ぐらい前に たぶん一緒に読んでるはずの 今読んでも興味深い ちょっと古い本たち。ふたたびめくるとまた違った情報を与えてくれることに驚いている。


・・・これは、この本は難しいぞ・・・
書き込みの筆跡が 主人の物ではなくて 古書店のラベルが張ってあるから ひょっとしたら大学の講義の教科書?小さな冊子なのに 詳しく詳しく詳しく段階的に解説してある!! わかんな~いと言わずに理解できるまで読むべきか!?
主人はホントにこれ 読んだんだろうか?????

YOROZU×YOROZU 知らなかった日々 8
ReCODEプロトコルに出会う前の何もできずただ進行していくだけのⅢ型アルツハイマー病
2年と少し前の診断確定直後に始めた過去ブログから発掘します

たくさん思い出を作るつもりだった。必死に生きていれば 何だってそれなりに楽しいと思えるはずだと言い聞かせながらの 今 読んでも苦しくて切ない日々の記録。1年と少し前のこと。

あさ2016年10月24日





そして冬にむかってどんどん事態は悪くなっていきました
そして 今年の冬は
ヨロズトレーニングNOW
おぼつかなくなった足元、手足の動きがコントロールできない、運動の説明の理解に大苦労etc.ダメージ部位が入り組み 関係しあってリハビリは一直線には進んでいかない。常にプログラムを見直して更新をつづけています

血圧&脈拍
安静時  MUSICA 121-77  p-80    だありん 93-60  p-54
バランス体操後   121-84   p-76                   90-53  p-57
(足首×5 骨盤×3 背骨×3 肩×3 首×1)

筋トレ後   109-75   p-78                     88-54  p-71
(しこスクワット×5  足振り×左右各90 背筋下 中 上各5   ベンチで調節腕立て伏せ×25 ワンダーコアで腹筋×20 )

音楽ビクス後 127-76   p-129                    85-54  p-107
(ラジオ体操第1&ラジオ体操第2の曲で天コブ運動 各3分 踏み台昇降お散歩ビクス5分 ウインナワルツ10分or反復横跳びボレロ15分)

全部で1時間と少し。初めて血圧を測定しながらやってみました。体操と筋トレって血圧下がるんですね。

アルツハイマー病、早期発見 早期取り組み ぜったい大切ですよ
早く始めていればもっとキレイに回復しただろうに・・・言うまいと思ってもぬぐえない思い
ReCODEプロトコル解説 第1章から第8章までのリンク一覧はこちら↓
The End of Arzheimer's 読もうね。治そうねアルツハイマー病 

下記リンク 興味をもっていただけましたら ぜひともご参加ください

練習風景 リハビリの様子 その他音楽活動アップしていますYOROZU×YOROZU

生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと