ずっと書きたくなくて逃げ続けてたセクション 冷静に書けるだろうか

”The End of Arzheimer's”の邦訳「アルツハイマー病の真実と終焉」
いよいよ発売になります

ReCODEプロトコルver.ヨロズで若年性アルツハイマー病に挑む私たちのBIBLE
いったん着替えにも不自由するほどに進行してからの
10か月目のプロトコルは MMSE 5ポイントの急上昇を経て
行きつ戻りつ でも 長いスパンで見ると上昇傾向です



Dr.BREDESENの著書”The End of Arzheimer's”よりひとこと
第4部「成功を最大に!」第10章「うまくやろうじゃないか、きっとできるさ」
一気に全部取り組まなくてもいい。段階的に行こう
何もかも一度にやろうとすると挫折しやすい。たとえば睡眠や運動から取り組んで食事はちょっと後回しにしたっていい。ホルモンバランスから取り組むのもありだし、もちろん食事からスタートでもいい。3~6か月のうちにできるだけたくさんの項目に取り組もう。

3~6カ月!正直、そんなにのんびりしている暇はなかった。やれることは全部、とにかくプロトコルに突進、そして今も項目は増え続けている。その理由は・・・

以下のような場合は効果がうまく現れる
・アルツハイマー病のリスクはあるが まだ症状が出ていない
・主観的な認知機能低下をかんじている(SCIで成果がでなかったひとはいない)
・初期のおだやかな認知機能低下(MCIで検査結果のどこに問題があるかわかっているとしっかり改善する)
・初期アルツハイマー病

つまり 早い時期に対応すればするほどに回復がよい。だが、かなり進行していた高齢者も回復をみせているという報告、さらにもっと回復しそうな兆しが見えるとのメールをもらったこともある。

・Ⅲ型でない認知機能低下(SCI、MCI、初期アルツハイマー病)

Ⅲ型は厄介であるが、SCIならまあまあ回復する。しかしアルツハイマー病だと診断されるほどになると毒素の特定や除去 ダメージ箇所の修復と 大変複雑で なかなか成果が上がらない。水銀毒の場合は例外的に素早く回復するのだが。

・認知機能は低下しているが 身体的には健康な人
・MRI上で萎縮がないか 海馬が萎縮をまぬかれている

皮質が広くダメージを受けて 普通なら後期になって出てくる症状、概念の喪失、整理ができない、言葉がなくなるなど、そして感情的になったり子供っぽくなったり Ⅲ型によくあるパターンなのだが、こういったものがなければ うまくいく

ちょっと待った!まるで主人の様子そのまま
まるで 主人はReCODEプロトコル対象外とでもいうような記述!!それはないでしょう!?
・・・とこの先を読む気力が失せたのでありました。(3か月前)
しかし です。とてつもなく打ちひしがれてしまったとはいえ、当時もはっきりと回復をみせていたし、さらにそれから3か月 項目によっては不便がまだまだ付きまとってはいるけれど、ずっと回復の傾向は続いているのですから

Ⅲ型アルツハイマー病、回復するんです

知らぬが仏、初めからプロトコルに向かって突進しました。そのおかげでしょうか?そして今も可能な手は3日と遅れることなく打ち続けています。ReCODEプロトコルver.ヨロズです。
だから 強調したい、あきらめないで!条件が最悪の主人にして この回復なんですから!

・75歳以下である(75歳以上に全く効果がないという意味ではなく より若い方が回復がよい)
・家族の支え 医師の支えがある

これにて やっと第10章 終わりです。
Dr.BREDESENからの熱いメッセージ 「うまくやりましょう」「必ず成功させましょう」
Dr.自身 何十年か前には まさか 食生活や 睡眠や まして 笑ったり 音楽をしたり ヨガや運動や その他もろもろ 認知機能を改善するなんて信じていなかったそうです。Dr.の奥様のご意見を聞きながら見つけてきたことだと。25年前だそうです。


YOROZU×YOROZU 知らなかった日々 11
ReCODEプロトコルに出会う前の何もできずただ進行していくだけのⅢ型アルツハイマー病
診断確定直後に始めた過去ブログから発掘です
1年と少し前のこと 一番苦しかったころ。それでも平気だと思おうとしてたころ。

わかりあうこと2016年12月22日

こんな風に進行していました
今では普通に分かり合うことができます。本気で夫婦喧嘩もできるんです(ここ、大切)

アルツハイマー病、早期発見 早期取り組み ぜったい大切ですよ
早く始めていればもっとキレイに回復しただろうに・・・言うまいと思ってもぬぐえない思い
ReCODEプロトコル解説 第1章から第8章までのリンク一覧はこちら↓

とうとう出ます!
邦訳版「アルツハイマー病の真実と終焉」

下記リンク 興味をもっていただけましたら ぜひともご参加ください

練習風景 リハビリの様子 その他音楽活動アップしていますYOROZU×YOROZU

生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします



コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと