アルツハイマー病、急いでケアしましょう / 肺炎にでもなったらもっと慌てるでしょう?


”The End of Arzheimer's”の邦訳「アルツハイマー病の真実と終焉」
いよいよ発売になります
ReCODEプロトコルver.ヨロズで若年性アルツハイマー病に挑む私たちのBIBLE
いったん着替えにも不自由するほどに進行してからの
10か月目のプロトコルは MMSE 5ポイントの急上昇を経て
行きつ戻りつ でも 長いスパンで見ると上昇傾向です


Dr.BREDESENの著書”The End of Arzheimer's”を読む
第4部「成功を最大に!」第11章「困ったときはこうしよう」(後半)

不治の病に立ち向かうのにそんなこと言ってる場合じゃないでしょう?
でも 言いたくなる、その気持ちわかるわあ
当たり前すぎるReCODEプロトコル、当たり前だからこそムズカシイ

・アルコールは?仕事終わりにワインが欲しい→週に何度かワインを一杯、すばらしいですね。気をつけるべき点は アルコール飲料に含まれる糖分がインシュリンに影響を与えるということですから、そこに気をつけて

・喫煙は?タバコがだめでも電子タバコだったらどうだろう?→まだ充分なデータがありませんが それゆえ「よい」と思わぬ方が賢明

・肉の代わりに豆腐や大豆にしようと思うのですが→1日のたんぱく質摂取量を体重1㎏あたり1gにしましょう。豆腐だけでなく 肉や魚や卵で摂る分も計算に入れておいてください

・朝のコーヒーはよいのですね、カフェインに対しては?→飲み過ぎると睡眠に影響が出るので各自の適量を

・お茶は?→ハーブティー、グリーンティー、種々のお茶とてもいいですよ

・Ketflex12/3の食生活で B12や鉄分が不足したりしませんか?→まず不足かどうかを検査でたしかめて、食品から摂れるように食材提案をしています

・高温で調理したい→気化温度の高い油 気化しない油を使うのがよいでしょう。アボカドオイル、ココナツオイル、バター、ギー、動物オイルなど

・アルミニウム鍋は避けるべき?→避けるべき根拠はありまっせん

・すべて有機作物にするべき?→できるだけ有機作物優先がいいです

・食べるなと言われても、お腹がすくのだから 身体の欲求を聞くなってこと?→身体の声には生命維持のために必要なものとジャンキーなものが混在しているので 真に受けるのは危険

・忙しすぎて…→慢性病は急激に症状があらわれるものではない。肺炎にでもなったのならもっと慌てるのに!暢気なこと言ってる場合じゃないでしょう?

そしてDr.BREDESENは ReCODEプロトコルで目指すのは「回復」だけではなく、全般的な「健やかさ」なのだから 今こそ本当にやりたいと思うことに向かって邁進して 人生をより豊かなものにしようじゃありませんか!!とこの章を結んでいます。

本当にやりたいことってなんでろう?ムズカシイ問いです



YOROZU×YOROZU 知らなかった日々 13
ReCODEプロトコルに出会う前の何もできずただ進行していくだけのⅢ型アルツハイマー病
診断確定直後に始めた過去ブログから発掘





あれから1年たちました

アルツハイマー病、早期発見 早期取り組み ぜったい大切ですよ
早く始めていればもっとキレイに回復しただろうに・・・言うまいと思ってもぬぐえない思い
ReCODEプロトコル解説 第1章から第8章までのリンク一覧はこちら↓

とうとう出ます!
邦訳版「アルツハイマー病の真実と終焉」

下記リンク 興味をもっていただけましたら ぜひともご参加ください

練習風景 リハビリの様子 その他音楽活動アップしていますYOROZU×YOROZU

生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと