ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

”The End of Arzheimer's”「アルツハイマー病の真実と終焉」の
ReCODEプロトコルをもとにした取り組み11カ月めとなりました
Dr.BREDESENも回復困難というⅢ型です


待ち望んでいた”The End of Arzheimer's”の邦訳「アルツハイマー病の真実と終焉」が発売されて2か月経とうとしています。1年に近づく私たちの取り組みも最大公約数的効果の期間がすぎて、個人向けの最適化なしに前進は見込めない感じになっていましたので嬉しいイミングではありました。

知る人のないプロトコルをひっそりと実行して いくらかの改善はしていましたが 検査や専門知識の壁があり 踏み出せないままの次のステップ。メディアで取り上げられたり 少しずつ知る人が増えていることで 勇気もわき、私たちには前進できる可能性が広がりましたし さらに 改善の可能性がある方への情報としても大きな意味があると思います。

しかしながら あまりにも無邪気に喜び過ぎたかもしれないと思う面もあり


改善の可能性が提示されることによって 難しい選択を迫られることになるかもしれないという状況は ある程度予測していましたが 当事者、家族にとってかなり過酷なことになってしまったことに愕然としてしまいました。知ってしまった、けれど踏み込めない。やってみた、けれど挫折した。サポートのシステムが未熟な現在ではどうすることもできないのでしょうが・・・

実体験を持つ者は、たぶんまだ多くないはずです。ReCODEプロトコル上陸に伴って直視すべきとなったリスクを検証、問題点がどこにあり その解決の可能性はどうなのか?ずいぶん迷い道を歩いてきた経験をもとに考えたいと思います。これから出会う方々が わからないまま尻込みをするのではなく リスクを知ったうえで納得して決断ができますように。そして、将来 アルツハイマー病を「治療する」ことが当たり前になることを願いながら。

まず検査、そこで挫折の可能性

リスク:その1検査難民でウロウロして結局始められない、その間に進行してしまう

病院のもの忘れ外来では 保険の対象にならない検査をたのむことは なかなかの苦行。
「アルツハイマー病の真実と終焉」からコグノスコピーの検査項目をコピーしてお願いしても、
「は?何考えてるんですか?」「そんなたくさんの項目を数値とって何をどうするつもりですか?」etc. 有言・無言あれど 「絶望のあまり・・・お気の毒に」の視線に耐えて「希望します!」と言い続けるしかない。しかも 頼み込んで調べてもらった結果、「不可能です」と言われる項目の多さに唖然とすることになる。

保険診療の許可が通るのは 診断された疾患と標準医療の観点から関係があるとみなされる検査のみ。

アルツハイマー病を全身的、総合的に代謝の不具合から考えるReCODEでは 調べたい項目は  糖尿病関係の項目であったり、更年期障害に関する項目であったり、甲状腺の機能、脂質異常、腸炎や副鼻腔炎などの炎症であったりする。歯科的な項目もある。国内の検査機関では扱っておらず、海外へ発注するしかないものもある。

リスク:その2検査を飛ばして見切り発車をすると進行を早める恐れがあるなど

医療機関で相手にされない。病気はどんどん進行して行く。ならば「アルツハイマー病の真実と終焉」をたよりに「効くかもしれない健康法だ!」とスタートしてしまう。実は、私たちはそうしました(原書、”The End of Arzheimer's"出版前でしたが)

とんでもなく進行が速い、どう考えても普通じゃないアルツハイマー病

状況証拠からⅢ型だと仮判断して 原因はカビであると仮定して、結果・・・主人は回復路線にのれました。とはいえ 何と恐ろしいスタートのきり方だったことでしょう!でも あの時スタートしていなければ 回復の可能性はほぼなかった。ぎりぎり崖っぷち 危険を承知の選択でした。
「アルツハイマー病の真実と終焉」にもくり返し出てきますが 毒素が関係していた場合、原因を取り除く前にアミロイド排出の対策をすると重篤化します。私たちは3時間ごとにチェックをしながらのアミロイド対策とカビ毒対策の同時進行スケジュールを組み緊張の夏(2ヶ月)を過ごしました。本当はそんな危険なことをするべきではないのです。

Ⅲ型以外でも 適切な検査に基づいて治療をしないと 必要のないサプリを大量に摂取して肝臓を傷めたり 発がんのリスクを高めるなどの危険もある。

危険を回避するために提案
まず検査を!それは変わらないのですが、サックリと動けるものでもないことは経験上わかっています。私たちの場合次の3つです(1年余り経過してまだ充分に検査できていないのです)「生活に手いっぱいで行動ができない」「精神的にキツイ断られ方をする」「検査費用がかかる」
それぞれについて 乗り越え方を考えてみます。

生活に手いっぱいで行動ができない
本当に手いっぱいなのでしょうか?例えば骨折でもしたら即動くのでは?考えて考えて、ある日「もう、考えるのしんどい!どうでもいいや、えいやあっ!!」と突撃するのが私たちのパターンです。誰かが背中を押してくれたら、と いつも思ってしまいます。当然主人にはそんな意識はありません。判断は自分でするしかなかった。できれば相談できる人、背中を押してくれる人を持つといいかもしれません。
精神的にキツイ断られ方をする
これはホントにこたえますね。私たちが始めたころは 効くか効かないか ダメもと感覚でしたから「はあ?無理です、だからあ、できないっていってるでしょう?」などと言われると とてつもなくへこんだものです。
知らなかったのですが 保険診療の医療機関では保険外の検査は基本出来ません。大病院ほど当てにできると思ってアタックしていましたので見当違いも甚だしいことでした。
どんなに患者が望んでいてもムリなものはムリなんです。見かねた大学病院の主治医から「開業の先生の方が融通が効くんじゃないですか?」と言ってもらえて 方向転換をしました。「ダメです」と言いながらも 危なっかしいくハラハラ見ていてくださったのでしょう。へこまず本音でお願いすることで次へと進めたと思います。
アタックするならこんなクリニック
プロトコル上陸によって理解してくださるクリニックが増えているとおもいます。経験上、「自由診療」科目があるクリニック、「栄養療法科」があるクリニックだとわかっていただきやすいです。他に病気がある場合は(例えば糖尿病とか)そちらも診療科目にあるクリニックが頼りになると思います。



日本初 現在のところ唯一のRECODE認定医 今野先生のクリニック


「アルツハイマー病の真実と終焉」の監修 白澤卓二先生のクリニック


検査費用がかかる
お高いですね、自由診療の私費検査ですから

ブレインケアクリニック
初回 ¥97800(初診料込み)
2回目以降 ¥77800(再診料込み)
オプション検査¥86000

お茶の水健康長寿クリニック
基 本 検 査:54848円
オプション検査:115000円
初診料¥15000 と 特別コンサルティング料¥20000は別途必要


正直つらいです。二の足踏んでしまいます。
私たちの場合 事情が分からず、ネットでお取り寄せしたり あとから私費でお願いしたりあれこれしてると結局同じくらいかかってしまいそう、どころかもっと高額になるかもです。
なので ReCODEをスタートしようと思うなら セットで検査を受けるのが実は格安かもしれません。
今はまだ保険診療、保険適用検査にならない。それはどうしようもないことですが、深刻な病気なのだから せめて検査だけでも保険適用になる日が早く来ることを願います。


そして治療・挫折の可能性

リスク:その3 始めようとしたが どうにも続かない

ReCODEの実践の中心は生活習慣の改善です。
・適切な食事
・適切な睡眠
・適切な運動
・適切な・・・etc
それが一体どんな効果があるのだ?と言いたいような当たり前のことの羅列で、生活習慣そのものを変えていくのはなかなかに強い意志を要する。
手間がかかり 時間がかかり「今日1日ぐらいどうでもいいだろう」とおもいがちなことばかり。それが治療行動なのだと納得することがなかなか困難なことに加えて、 アルツハイマー病患者 本人は理解する能力が減少しているので窮屈な生活に対して抵抗する。介護者に2重、3重のストレスがのしかかる。
やる気はあったはずなのに・・・

そこで専門的サポート
MPI Cognition
ご本家のインターネットを駆使したプログラム指導
検査代金 治療費等含まない レポート解析と継続的個別アドヴァイス
75$/月(最低1か年)
ReCODE認定医ブレインケアクリニックの今野医師に検査からの流れでアドヴァイスしていただけるようになったのは日本のアルツハイマー病事情にとって進展だと思われます。
(ブレインケアでのアドヴァイス料別途)

リスク:その4 費用対効果が見込めないかも?

基本プログラムを実行するのは各家庭になるので 高額のサポートのあるなしと 成功不成功は必ずしも一致しない。サポートはいらない 家族の「愛」がすべて!?いえいえ、そうともいえません。難しいところです。

最大のリスクは何もしなかった!と思うこと

何もしない アルツハイマー病にとってそれは 用意されたストーリー通りに事が進んでいくということです。精神的にも困難なプログラムに挑戦せずに「何もしない」を選択することはありだと思います。けれど そこにある情報をながめて、いつか行動しようと思いながら結局行動することができず いつの間にかタイミングを逃してしまう。そして「何もしなかった!」という思いをのこしてしまうことがとても辛く 恐ろしいことのように思われます。ReCODEプロトコル上陸がもたらした最大の辛苦だと思います。

ReCODEは簡単なものではありません。けれど、ReCODEを知ろうとおもう。どういうものなのかを判断する。そして選択をする。どうぞ「何もしなかった!」との思いをのこさないでください。


まずは「アルツハイマー病の真実と終焉」をお取り寄せしてみましょう。
お取り寄せはこちらへどうぞ本屋さんでも今なら平積み?

ここに経験者、仲間がいます。アルツハッカー掲示板メンバー登録
みんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会

個人的に連絡くださってもいいです!
私たちよりももっと大きく改善する可能性のある方が大勢いると思っています。
改善が難しいと言われる型ですが 私たちはあきらめていません。


練習風景 リハビリの様子 その他音楽活動アップしていますYOROZU×YOROZU

生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします



コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと