子ども部屋からのささやきが聴こえる

2年と3カ月ぶりに「子供部屋のららばい」曲を追加しました


いまさらですがアルツハイマー病は本人の人生だけでなく家族の生活も破壊していきます。

音楽屋さん
もともとフリーランスですから、離職なんて線引きはありませんし、その気さえあれば仕事は続けられる。クリエイティヴであるか否かは自分の問題だし主人のことも含めた自分を創れればなかなかにスリリングなことでしょう?

介護につぶされていない、MUSICAYOROZUは生きている!

いえいえ、そんなに甘くない
リコードに出会う直前、今思えば一番症状が重かった時。タイトルといくつかのスケッチ、何とか書き上げた曲が3つ。
そこまで
そして、そのあと ずっと時が止まっていました。

・進行するアルツハイマー病

・検査難民

・黎明期リコードの医療機関との闘い

・「アルツハイマー病」というレッテルのもと「リハビリ」の受け入れ拒否

・既存の「認知症をめぐる世間」からの締め出し

・手作りのリコード改編回復メソッド

・手作りのリハビリ

そんな2年と3カ月があって
介護につぶされないで、MUSICAYOROZUはしぶとく生きていたかもしれないです

リハビリは大変ですが、アルツハイマー病者とのやりとりの不思議ワールドに翻弄されることがなくなって ささやきがたくさん聴こえてくるようになりました。そんなもんですね。

1989年 走り始めた YOROZUs
平成と呼ばれた30年の時間を山あり谷あり駆け抜けてきました。平成最後の日、それはYOROZU 30’s Aniversary
つづく令和の日々 どうやら主人と一緒に歩き出すことができそうです。

勝手なことを連ねていますが 何かと理屈をつけては自分で自分を元気づけて
介護につぶされないで、MUSICAYOROZUはしぶとく生きていたなら、今後も「子供部屋のららばい」には つぶやくような小さなピアノ曲が追加されていくことになるはずです。

アルツハイマー病からの回復を手に入れることは 介護者の人生を取り戻すことでもあるとおもいます。


第1曲 ひつじさん


第2曲 ぞうさん


第3曲 おつきさまとおほしさま


第4曲 くまたん


第5曲 ゆめトレインTMKKG

インフォメーション

RECODEプロトコルに必要なものは 毎日根気よくつづけること。どんなにつらくなっても信じること。身体と命を守るための当たり前の行動だから 必ず良い反応があります。主体は本人、そして支える家族。

実行者、回復者が増えてくることを望んでいますが、中途半端な実行は危険なこともありますから、しっかりとしらべていただきたいと思います。





まずは「アルツハイマー病の真実と終焉」をお取り寄せしてみましょう。

【重要!!】
リコード部の黒沢うにさんがまとめてくださいました


ここに経験者、仲間がいます。アルツハッカー掲示板メンバー登録


YOROZUサポートDr.をお知りになりたければ個人的に連絡くださるのも歓迎します。

私たちよりももっと大きく改善する可能性のある方が大勢いると思っています。
主人は改善が難しいと言われる型ですが 私たちはあきらめていません。



生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします



YOROZU×YOROZUの音楽活動にもご支援いただけましたらありがたいです


主人への取り組みをベースにリコード目線で音楽療法を編み上げました。リラクゼーション&フィジカルトレーニングに音楽を組み合わせ個人仕様でお手伝いします。幼児からシルバーまで!ヴァイオリン・ピアノ・ヴォーカル 楽しく学ぶならここ /京都 よろず音楽塾

オリジナルCDできました(¥1000+送料)お問い合わせください



Youtubeチャンネルにリハビリの様子が時系列でならんでいますYOROZU×YOROZU

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと