リコード / ヌートリジェノミクス 比較してみました

これは!と思えばやってみる
突撃を得意技とするヨロズですが、ヌートリジェノミクスはなかなか手ごわい
只今 突撃前の試し撃ち4か月
ここまでのやってみた実感レポートをしながらリコードと比較対照してみたいとおもいます。


ヌートリジェノミクスを勉強してみようと思ったわけ

ご存知のとおり、リコードでの回復が難しいとされる 皮質全体にダメージが広がった進行した3型アルツハイマー病の主人。日々 対策を探して、解毒と脳神経再生で四苦八苦しているヨロズです。「アルツハイマー病 真実と終焉」をくまなく読んでいっても「反応悪いよ」ということが山盛り出てくるだけで、ヒントが何もない・・・

3型のテーマ:解毒

毒素に対する遺伝的な感受性は3型の特徴のひとつ。
バイオトキシン(カビ毒)
水銀、鉛をはじめとする有害金属
細菌、ウイルス感染
環境毒素
普通に生活していて たいがいは問題にならずにすんでいる物質に なぜ こうもきっちりと反応するのでしょう?という主人。お付き合いよすぎです。
リコードの検査、コグノスコピーに含まれる遺伝子検査で、「葉酸をメチル葉酸に変える酵素を作る働きが弱い」C677T一塩基変異多型遺伝子のもちぬしだとわかり、ああ、なるほど、一塩基変異多型(T/T)だと解毒能が低くて ホモシステインが上がって炎症が起きやすいんだ・・・と半分かりの状態。で?どうするの?

遺伝子栄養学=ヌートリジェノミクス というのは メチレーション関連遺伝子の変異の有無による酵素の働きに対して 食事やサプリメントで働きかけて自然な解毒機能を引き出していこうというコンセプトの栄養療法で、主に自閉症の分野で成果が上がっているそうで

解毒
遺伝子
メチレーション

といったキーワードに反応して 手に取ってみたのがきっかけです。
「3型って毒素排泄がうまくいかないのよね、自閉症も同じなんだよね」とボソッとおしえてくださったお友達の言葉から8カ月後のことです。

リコード / ヌートリジェノミクス比較

とりあえず表にしてみました

勉強途中、ヨロズ的雑感

どちらのプロトコルも治らないとされる病に対して栄養を中心に多因子アプローチというコンセプトは同じですね。

対象にしている疾患が違うから

生活全般の縛りはリコードの方が大変そう、小さな子供さんに絶食だの定期的な有酸素運動だのは やっぱり非現実的なんでしょうね。
さらに、リコード対象者がほぼ抱えてる インシュリン抵抗性(糖尿傾向)や脂質異常や 更年期の影響その他 いわゆるオトナ生活習慣病は ニュートリジェノミクスではあまり意識されてないようです。
メチレーションに働きかけると自然と解毒が始まってしまうけれど、解毒に伴う炎症や金属問題が身体に負担をかけるので、解毒がおこらないくらいゆるやかにサポートして解毒の準備をするStep 1、本格解毒のStep2、神経再生に取り組むStep3と段取りされているけれど、「ゆるやかに」なんて言ってると アルツハイマー病は進行しちゃう?

びっくりの検査攻め

ヌートリジェノミクス びっくりするのは検査の多さです。リコードのはじめに、「なんてたくさんの検査なんだろう?」と腰が引けてしまいましたが、それどころじゃありません。リコード2年もやってて、お金はかかるけど検査はするもんだ、しないとそれはただの目くら撃ち、治らないと言われる病気にいどむのだから、と、諦めというか納得がある程度できているヨロズですが それでも2~3歩あとずさりしてしまったほどです。
(検査代だけでいくらかかるんだろう?)
どのサプリを使うか検査して サプリを入れたら効いてるかどうか検査して しばらくしたら変化したかを検査して etc.
でもですね、もしも費用の問題がなければ ここまで徹底的に調べたら迷いは消えるでしょうね。尿と便と毛髪を検体にするので、痛い採血はしなくていいし・・・くやしいけれど 納得です。
そして そして、苦労し続けている解毒に対して 山ほどのプログラムが用意されている!(山ほどの検査とともに)う~ん・・・確かにそこまですれば 安全でしかもちゃんと解毒できそうな気がする。やっぱりくやしいけれど納得です。

風が吹けば桶屋が儲かる

そして 相互に影響を及ぼし合うメチレーション関連遺伝子
これまで リコードサプリや食生活で「え?」という想定外の反応を示すことが多かった主人。3型だから体質は特異なんだろうな?特異体質だから3型なんだよな?とニワトリが先か卵が先かのような妙な納得をしていたのですが、影響し合うメチレーション回路の働きを知るほどに 思い当たるところアリアリで、ちょっとゾッとしました。遺伝子の組み合わせ次第では リコードサプリがとんでもないことを引き起こすかもしれない。これは検査をして確かめなければならないな、と強く思い始めました。
「桶屋さん(解毒能)」が儲かるように「風(サプリメント)」を吹かせたのに、そこに三味線の先生がいなかったのなら、猫が減ることなく、ネズミが増えることなく、桶も傷まない。解毒は始まらないです。風車がよく回り 粉ひきがはかどってパン屋さんが儲かるかもしれない。パン屋さんが脳神経にダメージを与える存在だったら最悪です。

ヌートリジェノミクス突撃開始(?)

納得してる、絶対いいと思う・・・なのにイマイチ始められなかったのは 検査に怖気づいていたからです。今でも腰が引けてます。どこまでどれだけ検査をするのか???
といいつつ まず これまでのリコードに対する反応から推測して 普通じゃない!のは確かです。思い当たる設定の下 サプリメントと食事内容を変更、3か月たちました。コミュニケーション能力、思考力の上昇は続いています。半面、過去記憶へのアクセスは困難に。

神経再生が始まるまで少なくとも9カ月が必要なのだそうです。何が起こっているのかの正確な判断はまだできません。

うすうす気づいてた衝撃の結果

そして、推測じゃダメです。検査出さなくっちゃ・・・と思いながら4か月やっぱりコワイ
だって 遺伝子検査ってお高いんですもの。言い訳程度に 毛髪と尿メタルの検査をしました。

!!!!!!!!!!

ビタミンB12 が全く使用されていない!
リコードの中でもビタミンB群の摂取はとても重要事項、炎症や解毒や神経伝達のキーポイントで、MTHFRのC677Tが一塩基多型という時点でとてもデリケート。
ここ1年ばかりの間、使用するサプリや量の変更、リチウムとの量の関係をずっと模索してきたのですが・・・
まさかゼロとは!!いえ、うすうす気づいてました・・・なんとなく認めたくなかったかもしれない、だからたかが尿検査をする気になれずに先延ばししてたのかもしれません。

希望や願いが行動に踏み切るタイミングを遅らせる

「自己責任」と息巻いてみても 所詮 素人コントロール。まして身内で、お財布具合も悩ましい状態で最善の方法をとる冷静さを保つことの難しさをヒシヒシと感じてしまいました。

2年間の空振りで知る、ごはん・すいみん・うんどう・おふろ の威力

遺伝子的にメチルB12 を受け付けないのであれば、B群はサプリ構成の要ですから、2年間せっせせっせと投入してきたリコードサプリのかなりの部分が 悲しい空振りだったということになります。まあ、全てがゼロってわけではありませんけどね。
という状態にもかかわらず、改善している主人(状態は凸凹なので高らかに宣言はできないのがくやしいところですが)を見ると、「ごはん・すいみん・うんどう・おふろ」の絶大なる力を感じてやみません。

少数派?決して少なくない空振り?

ヌートリジェノミクスでは 基本的事項としてB12の使用法、メチル基を持つサプリ、つまり活性型ビタミンB群の入れ方に警鐘を鳴らしています。他の遺伝子ポイントの確認なく(T,T)だから効率が悪い→大量に投入して効果を狙うのは実は危険。
「アルツハイマー病 真実と終焉」にも ホモシステインが下がらない場合はB12の使用量を増やせと書かれていますが、そもそも空振りしている状態で増やしてもどうにもならない。ムダに高価なオシッコを作っているならまだしも 余ったメチル基が体内で悪さをする方向へと流れる危険があります。

「ビタミンBは水溶性なので、あまればおしっこで流れるから大丈夫です」と 大量投与をすすめる栄養療法Dr.に出会ったら ちょっと待った!

自閉症とアルツハイマー病を比較すると、無事に成人している時点で遺伝子的弱点の問題は若干少ないと思われます。けれど、「若年性」そして「3型」の場合はかなりの確率で遺伝子的な弱点をいくつか持っていて、リコードのサプリメントが空振りする可能性、そしてその使用が衝撃を与える可能性がある、そう思って間違いないとおもいます。悔しい空振りと オソロシイ不思議現象と付き合ってきた日々、そんな「少数者」がここにいます。

とりあえずのまとめ

ごはん・すいみん・うんどう・おふろ この絶大な威力で まず 何が何でもオトナ病が引き金になっている進行を止める。アルツハイマー病に挑むにはリコードでスタートは間違いなくよい結果を産むでしょう。けれど、リコードに見捨てられたかのような、毒素多重曝露の3型は どのみち解毒と脳神経再生に向けて独自に歩き出さなければなりません。
ヌートリジェノミクスの選択はそのひとつになるはずです。
年金暮らしの私たちにとっては 莫大な検査費用にひるみつつ、「観察」に置換え可能な検査はスキップするかなあ???と弱気になりながらしばらくヌートリジェノミクスもどきで匍匐前進してみることになりそうです。(若干サプリ代金が安くなるかも?甘いか??)

今後の突撃ものがたりご期待ください

そしてですね、迷いに迷った挙句 とうとうメチレーション関連遺伝子検査 お取り寄せ&検体提出してしまいました。(結果は1か月ほど)
↓こちらです
https://www.holisticheal.com/dna-nutrigenomic.html
23andme の遺伝子検査を検討なさっておられるなら、こちらをおススメします。あとあととても役に立ちます。(495.00ドル)

日本語サポート付き はこちら(215,000円)

なんでこんなにお値段が!?ってほどの違いがあります。これも大いに迷っていた理由のひとつです。
そして、昨日、検体到着のお知らせメールを受け取り、その謎が解けました。

88ページのガイドブック
247ページの遺伝子別 対応の手引き
63ページのそれに対する解説

が、PDFでどどーーーんと届きました。「がんばろうね、検査結果が出るまでにお勉強しといてね」というメッセージと一緒に(全部英語!!)

金銭的に苦しいヨロズはグーグルさんの翻訳をたよりに頑張りたいとおもいます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
価格:4320円(税込、送料無料) (2019/4/8時点)
Amyプロトコルの日本語による全面サポートはこちらです

インフォメーション

RECODEプロトコルに必要なものは 毎日根気よくつづけること。どんなにつらくなっても信じること。身体と命を守るための当たり前の行動だから 必ず良い反応があります。主体は本人、そして支える家族。

実行者、回復者が増えてくることを望んでいますが、中途半端な実行は危険なこともありますから、しっかりとしらべていただきたいと思います。





まずは「アルツハイマー病の真実と終焉」をお取り寄せしてみましょう。

【重要!!】
リコード部の黒沢うにさんがまとめてくださいました


ここに経験者、仲間がいます。アルツハッカー掲示板メンバー登録


YOROZUサポートDr.をお知りになりたければ個人的に連絡くださるのも歓迎します。

私たちよりももっと大きく改善する可能性のある方が大勢いると思っています。
主人は改善が難しいと言われる型ですが 私たちはあきらめていません。



生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします



YOROZU×YOROZUの音楽活動にもご支援いただけましたらありがたいです


主人への取り組みをベースにリコード目線で音楽療法を編み上げました。リラクゼーション&フィジカルトレーニングに音楽を組み合わせ個人仕様でお手伝いします。幼児からシルバーまで!ヴァイオリン・ピアノ・ヴォーカル 楽しく学ぶならここ /京都 よろず音楽塾

オリジナルCDできました(¥1000+送料)お問い合わせください



Youtubeチャンネルにリハビリの様子が時系列でならんでいますYOROZU×YOROZU

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと