ヨロズ写真館:ごはんがいっぱい


炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。
主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。
あの手この手 猫の手孫の手 それでもあきらめないで 挑戦はつづきます。


かれこれ15年間、ニンジンニュース、生姜紅茶、お豆腐ダイエット、オリーブオイル、黄な粉ダイエット、20時間断食、etc. あれこれ試しに試したヨロズです。
そして ”The End of Arzheimer’s”に出会い Ketoflex12/3 さらにこの夏、大和民族的アレンジの"ガンドリー12/3" へ進化(?)させてみました。現在のところ快調(快腸)です。
ガンドリー12/3の記事はこちら
朝ごはん編 ランチ編 晩ごはん編

食は基本。どんなに素晴らしい治療法でも しっかり健康食生活なしには十分に効果発揮できません。
「食べちゃだめ!」が多くて 大変そうな印象ですが 簡単調理で毎日オイシイ。キレイに盛り付けられたらうれしくなって ついつい撮ってしまった記念写真たち 見てやってください。お野菜どっかり食べたら もう糖質なんて欲しくなくなっちゃう。
では まいります。ヨロズ晩ごはん15連発!

1.
切り落としサーモンと山芋ステーキ&キノコ・キムチスープ


2.

ニラたまご 定番の焼鮭 酢の物は山芋、大根、しらす、ワカメ


3.
主役はサンマ カレー仕立て

この日のキャストたち


4.

上手にできたターンオーバーの目玉焼き
小粒サトイモと玄米(圧力調理)美味でした


5.
サーモン&オクラの丼(玄米ご飯)豚肉&サツマイモソテー


6.
 こんにゃく麺で味噌ラーメン(麹で発酵させた麦みそ)


7.
ふわふわたまご
白身と黄身を別々にあわだてて
フライパンへGO!


8. 
 粉不足でお好み焼きになりそこなったキャベツたまごのソテーほか


9.
Viva 素材たち! 題名をつけようのないメニュー


10.
たっぷりのサラダとゴボウの味噌煮込みのせ玄米ご飯


11.
なんてったってダイコンのカレースープは美味!
すりおろし山芋+鮭フレークのせサラダ、アブラナ科野菜と玄米の雑炊


12.
テーマはエビ!

13.
刺身こんにゃく


14.
 大豆とキノコのカレー(圧力調理)


15.
サバの味噌煮


捨てがたかったお気に入りショット






 ちょっと変化球

遠征先ホテルの朝ごはんバイキング


お散歩途中の一服 ファミマでバターコーヒーwithカット野菜

激白!調味料について
実は 考えるのが面倒なので、ヨロズのキッチンには 塩と味噌とお酢とカレー粉以外ないのです。あ、全然使いこなせてないけど 塩こうじおいてますね。
ごま油、オリーブオイル、との組み合わせ、素材の風味 That's all!
てか メインは素材の風味かな?生姜、黒コショウ、ニンニク、紫蘇、などの素材は大好きです。
お料理の引き締めに頼りになる ニンニクの酢漬け。
左から2年 1年 1年 そして今年の

スライスしてサラダによし、そのままカリカリ食べてもよし。お酢はオリーブオイルとの相性ピッタリです。ただ漬けとくだけ 置いとくだけ。

おしまいの画像は お気に入りカップでの朝ごはん・・・



ケトフレックスのうた by MUSICA YOROZU
歌詞にははいってませんが
豆製品の加圧、発酵処理はわすれないでくださいね~


インフォメーション

主人への取り組みをベースにリコード目線で音楽療法を編み上げました。
リラクゼーション&フィジカルトレーニングに音楽を組み合わせ個人仕様でお手伝いします。幼児からシルバーまで!ヴァイオリン・ピアノ・ヴォーカル 楽しく学ぶならここ /京都 よろず音楽塾

オリジナルCDできました(¥1000+送料)お問い合わせください


Youtubeチャンネルにリハビリの様子が時系列でならんでいますYOROZU×YOROZU

RECODEプロトコルに必要なものは 毎日根気よくつづけること。どんなにつらくなっても信じること。身体と命を守るための当たり前の行動だから 必ず良い反応があります。主体は本人、そして支える家族。

実行者、回復者が増えてくることを望んでいますが、中途半端な実行は危険なこともありますから、しっかりとしらべていただきたいと思います。

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察 

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択



まずは「アルツハイマー病の真実と終焉」をお取り寄せしてみましょう。


ReCODE認定の先生がおられます
日本初のRECODE認定医 今野先生のクリニック

暖かいお人柄で豊富な経験でサポートしてくださる菊池先生のクリニック

認定医ではありませんが「アルツハイマー病 真実と終焉」監修の白澤先生のクリニック他、栄養療法を取り入れているクリニックでは 協力を得やすいように感じています。


ここに経験者、仲間がいます。アルツハッカー掲示板メンバー登録



個人的に連絡くださってもいいです!

私たちよりももっと大きく改善する可能性のある方が大勢いると思っています。
主人は改善が難しいと言われる型ですが 私たちはあきらめていません。



生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします



YOROZU×YOROZUの音楽活動にもご支援いただけましたらありがたいです

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと