アルツハイマー病を本気で治したいあなたへ

炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。

診断の場でDr.から告げれられるコトバ
「この病気は進行します。できるだけ長く よい人生の時間を過ごせるようにしましょう。」
翻訳:(治療法がない。つまり、進行の果てに落命するまでの時間、対症療法を提供します)
真に受けていませんか?
初期に始めれば、改善、寛解もありうるリコード法があります。
命を奪う勢いの病気ですから、一筋縄ではいきませんが 本気で取り組めば裏切られることはありません。


リコード法はUCLAのDr.BREDESENが提唱している アルツハイマー病改善メソッドで、すでに全世界で100例を超える明らかな改善が報告されています。
このほど発表されたDr.BREDESENの最新論文を訳してくださったブログを紹介します。


日本に紹介されて10カ月余り、改善のニュースが飛び交い始めました。

主人は「・・・でなければ改善する」とDr.BREDESENからも治らないよとお墨付きの進行したⅢ型アルツハイマー病。確かにしつこい、どうにもこうにも苦戦の連続。。。
それでも、リコードに出会う以前の激しい進行からは考えられない 安定した状態をキープしています。失行症には悩まされていますが、認識力や記憶障害や計画性など、たくさんの能力を取り戻しました。
コーヒーメーカーを炎上させ、洋服のボタンを引きちぎり、横断歩道の真ん中で仁王立ちになってわけのわからないことを叫んだりしていた主人です。
ちょっとのことでバランスを崩して大けがをすることもなくなりました。
さらに改善を目指してあの手この手 猫の手孫の手 リコードを超え、どこまでも荒野に分け入って挑戦はつづきます。
リコード法を続けていくのはかなり大変。
それでも、あれこれの大変さを圧してまで私たちがリコード選択している理由は
標準医療の枠内で考える限りアルツハイマー病は「ただ、死んでいくのをじっと見ているしかない病気」とされている
からです。

以下の記事で1年半の間リコードを続けてきて その体験から知ったこと、学んだこと、考えたことを、個人的 独断と偏見で語っています。是非とも読んでいただきたいです。


リスクや費用、どんなところに困難が待っているのか
そして 希望を理解していただけたら是非ともリコードでアルツハイマー病改善に取り組んでいただきたいと思います。

本人語り


身体を立て直すということ

インフォメーション

RECODEプロトコルに必要なものは 毎日根気よくつづけること。どんなにつらくなっても信じること。身体と命を守るための当たり前の行動だから 必ず良い反応があります。主体は本人、そして支える家族。

実行者、回復者が増えてくることを望んでいますが、中途半端な実行は危険なこともありますから、しっかりとしらべていただきたいと思います。

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察 

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択



まずは「アルツハイマー病の真実と終焉」をお取り寄せしてみましょう。


ReCODE認定の先生がおられます
日本初のRECODE認定医 今野先生のクリニック

暖かいお人柄で豊富な経験でサポートしてくださる菊池先生のクリニック

【重要!!】
リコード部の黒沢うにさんがまとめてくださいました
栄養療法を取り入れているクリニックでは 協力を得やすいように感じています。


ここに経験者、仲間がいます。アルツハッカー掲示板メンバー登録



YOROZUサポートDr.をお知りになりたければ個人的に連絡くださるのも歓迎します。

私たちよりももっと大きく改善する可能性のある方が大勢いると思っています。
主人は改善が難しいと言われる型ですが 私たちはあきらめていません。



生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします



YOROZU×YOROZUの音楽活動にもご支援いただけましたらありがたいです


主人への取り組みをベースにリコード目線で音楽療法を編み上げました。リラクゼーション&フィジカルトレーニングに音楽を組み合わせ個人仕様でお手伝いします。幼児からシルバーまで!ヴァイオリン・ピアノ・ヴォーカル 楽しく学ぶならここ /京都 よろず音楽塾

オリジナルCDできました(¥1000+送料)お問い合わせください


Youtubeチャンネルにリハビリの様子が時系列でならんでいますYOROZU×YOROZU

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと