リコード2年 をレポート / 生活篇その2(検査難民 めかくししたままのあゆみ)

まだまだ続くふりかえりシリーズ第6弾
リコード(当時はMENDプログラムといわれていた)との出会いから無我夢中の2年間
当たりもあり、ハズレもあり
分析、考察すると大変なことになるのでひとまずありのままに連ねます。



まずはシリーズ過去記事
リコード2年 をレポート / 解毒篇その1(こんなことをやりました)
リコード2年 をレポート / 解毒篇その2(水銀)
リコード2年 をレポート / 解毒篇その3(バイオトキシン)
リコード2年をレポート  / 解毒篇その4(検査結果から
リコード2年 をレポート / 生活篇その1(知らずにやってました

出会いはここで

リコードに興味をお持ちならきっとご存じ、アルハカサイトです
↓ ↓ ↓

2017年1月、雪崩のごとく崩壊していく主人
進行が速いのは介護者が悪いんだ という無言の圧力
既存団体からの「無視」という仕打ち

崩れていく主人の様子をありのままに記録することで 一般に言われているような「アルツハイマー病でも大丈夫」「笑顔のサポートで長く元気でいられる」ではないタイプが存在することを発信しなければ!とこの「尻尾をかんだ蛇」の前身のブログ、それからF.B.グループ「みんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会」を立ち上げました。

これが現実アルツハイマー病
みんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会

ブログって何?というところからの出発だったので、あちこち関連がありそうなページをサーフィンしていてたどり着いたのが「アルハカサイト」です。

サプリメントを増やしていく


身体にいいこと、すでにやりつくしてる感あり、しかも爆弾進行。
ココナツオイルもビタミンBもこの時点では どうせ効かない御守りぐらいの感覚で、もちろん検査なんて考えもせず(コグノスコピーというコトバすらないころ)

それでも食事と組み合わせるとココナツオイルは効果出ますね。

3型?毒素の影響があるかどうかわからないまま、抗アミロイドのハーブを入れるのはほんとはマズい。けれど なんとなくクリアになっていくのに、相変わらず失行、失認識。ある意味、本人にかえってつらい思いをさせてる・・・気がしてイチかバチかえいやあっ!とハーブ投入。


たぶん さらに効果出ました、と思います。
まわりに興味を示さず無反応だったところから、ずいぶん活動的になりました。
しかし です やっぱり毒素路線は・・・
ここで「毒素は関係ないっ!」と つよくつよく願ったら「解毒免除」になるよ、きっとなるよ(そんなわけないですね)

「横着したら後悔するよ」VS「治るかどうかもわからないのにそこまでするの?」
「もし、毒素関係してなかったら、いらぬ費用いらぬ手間」

検査ができてない、どころかどこで何を検査するのかすらわからないし そもそもコレスチラミンってなんなん?なんかオソロシイ薬?

不安いっぱいの1か月が終わるころ びっくりの回復祭りが始まりました。

奇跡は止められない!MENDプログラムがもたらす若年性アルツハイマー病からの回復

アルツハイマー病による右手の「失行」具合がよくなったかも、そして・・・

実はこのあとが大苦労

この月にアメリカでは”The End of Alzheimer's”が出版されてベストセラーになります。
お取り寄せしないわけにはいきません。


MEND から ReCODE と呼び方が変わり コグノスコピーが紹介され

これまでの「なんちゃってリコード」から さらに進めていけばきっともっと回復するっ!回復させてみせるっ!と気合を入れたのですが・・・


どうも回復?の感じがない。
対策を積み重ねて 強化しても これでヨシという手応えがない。

きっと 検査ができてないから・・・

原書 ”The End of Alzheimer's” を手に主治医にお願いしても検査にたどり着くことができない。

疑わしきは全部「黒」として塗りつぶす「リコード」が膨らみ 生活を圧迫し始める。
認知機能的には回復傾向に反比例して 精神症状が出始める。


妄想、心理的幻聴、攻撃性 etc.ここまで来ると 家庭内殺人事件も覚悟した。

「検査ができてないからだ!!!」

訳本「アルツハイマー病 真実と終焉」が出版され 本を片手に検査をお願いしては断られ、とにかく 暗く冷たい 最悪な冬。


そして リコード1年になるころ やっとオーソモレキュラークリニックにたどり着き ホッと一息

かと思えばそんなに甘くはなかったんですよね。

数値とにらめっこしながら ホントの意味での未知の世界での迷子がはじまった リコード2年目へとお話は続きます。

ここでひとこと

これまでも何度か書いてきましたが、検査、大切です。
そして サプリメンテーションは慎重に。
リコード推奨サプリで真逆の反応が出る可能性を排除できません。
特に若年で3型発症するような個体は少数派ですから
論文等で「有意に効果あり」というような場合でも 効果なしの群に入る可能性、さらに害をこうむる可能性を考える必要があると思っています。
できることなら 遺伝子で確認をした方が安全でしょう。

この冬のミスは
・ホエイプロテイン
・グルタミン
・グリシン
・トリプトファン
・MSM
・5MTHF
・P5P
・メチルコバラミン 
ほかにもありますが・・・
主にこういったところだったということが遺伝子検査でわかりました。

どれも普通ならよい作用を期待できるものばかりです。「効果が期待できるサプリメント」でうまくいかない可能性、それは検査で知ることができます。



メチレーション関連遺伝子検査↓こちらです
23andme の遺伝子検査を検討なさっておられるなら、こちらをおススメします。あとあととても役に立ちます。(495.00ドル)

日本語サポート付き はこちら(215,000円)

なんでこんなにお値段が!?ってほどの違いがありますが、

88ページのガイドブック
247ページの遺伝子別 対応の手引き
63ページのそれに対する解説

検査結果に対する解析、アドヴァイス、すべて日本語でサポートなしで乗り切るのはかなりの根性がいるものかと思われます。
経済的に苦しいヨロズは可能な限り英語で頑張ります。

ヌートリジェノミクスは まずこちらの本から

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
価格:4320円(税込、送料無料) (2019/4/8時点)


Amyプロトコルの日本語による全面サポートはこちらです

インフォメーション

RECODEプロトコルに必要なものは 毎日根気よくつづけること。どんなにつらくなっても信じること。身体と命を守るための当たり前の行動だから 必ず良い反応があります。主体は本人、そして支える家族。

実行者、回復者が増えてくることを望んでいますが、中途半端な実行は危険なこともありますから、しっかりとしらべていただきたいと思います。




まずは「アルツハイマー病の真実と終焉」をお取り寄せしてみましょう。

【重要!!】
リコード部の黒沢うにさんがまとめてくださいました


ここに経験者、仲間がいます。アルツハッカー掲示板メンバー登録


YOROZUサポートDr.をお知りになりたければ個人的に連絡くださるのも歓迎します。

私たちよりももっと大きく改善する可能性のある方が大勢いると思っています。
主人は改善が難しいと言われる型ですが 私たちはあきらめていません。



生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします



YOROZU×YOROZUの音楽活動にもご支援いただけましたらありがたいです


主人への取り組みをベースにリコード目線で音楽療法を編み上げました。リラクゼーション&フィジカルトレーニングに音楽を組み合わせ個人仕様でお手伝いします。幼児からシルバーまで!ヴァイオリン・ピアノ・ヴォーカル 楽しく学ぶならここ /京都 よろず音楽塾

オリジナルCDできました(¥1000+送料)お問い合わせください



Youtubeチャンネルにリハビリの様子が時系列でならんでいますYOROZU×YOROZU

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと