”The End of Arzheimer's” とヨロズ(ブログ内まとめ記事 その2)

炎のリコードファイターMUSICA YOROZUです。



ブログ内まとめ記事 その2です。

リコードってすごい!ねえ、みんな元気になろうよ?

2017年秋、ヨロズは一生懸命言ってました。
え~?何、それ?翻訳ないの?
誰も信じてくれない。だったら本の内容を紹介してこんなことだよって言うしかない?
まさかの半年後に翻訳が出るとは思ってなかったから、読んだ分だけ一生懸命記事にしまして、日本語版が出る直前に終了~!(先に日本語版が出たらチョーかっこ悪かったね)
翻訳あるのでいまさらですが、アルツハイマー病真実と終焉」のラベルつけました。本の内容だけでなく 当時のヨロズの取り組みと反省つき。

1年たって ホントにいい時代になったもんだ。

第1章から第9章までのリンクまとめ記事
The End of Arzheimer's 読もうね。治そうねアルツハイマー病。

第一部「アルツハイマー病を打開する」(ReCODEプロトコルのアウトライン)8
第二部「アルツハイマー病を解体する」(アルツハイマー病の正体を解説)7本
第三部「個人向け治療を考えるにあたって」(実践編)16本

がんばったね。訳そのものは、翻訳「アルツハイマー病 真実と終焉」が出たので無用のものとなりましたが、リアルタイムの実践録として

そして第4部の記事17本けっこうあるなあ。
この辺はゆっくりペースで少しずつ出していきました。
もしもリコードに出会ってなかったら・・・の「そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや」へのリンクと その当時のリハビリ&回復のレポートついてます。そして 翻訳「アルツハイマー病 真実と終焉」出版直前に「完」!


うまくやろうじゃないか、きっとできるさ"Putting It All Together:You Can Do It"

"The sooner you start,the better ・・・" スタートは早ければはやいほど!

”Behavior change is not easy.....It becomes easier after the firsy month or so.” 習慣を変えることは難しいが 1~2カ月がんばればなんとかなるさ

”・・・don't treat blindly.” 目くらめっぽうやるもんじゃないよ

"This is a marathon,not a sprint..." マラソンなのさ、短距離走ではなく

これから急激な進行をする・・・ことを知らない頃の記録

"Do what you can" できることをやろう

"A luck of progression is the first sign that you are on the right truck" 進行がない!まずそれが正しい道ににのれたことを教えてくれる

"Don't let the perfect be the enemy of the good." しっかり目を開けて現実を見よう!

心に傷を受けた体験によって脳が大規模な再編成を余儀なくされる(過去からのメッセージ)

ひとりじゃないさ

あわてない、身体はゆっくりと変化していくのだから

プログラムを続けて!"Stick with the program."

ずっと書きたくなくて逃げ続けてたセクション 冷静に書けるだろうか

おっと そこか!!!言ってる場合じゃないけど 実はけっこう切実。でもね回復を目指すなら工夫しましょう

アルツハイマー病、急いでケアしましょう / 肺炎にでもなったらもっと慌てるでしょう?

「アルツハイマー病の真実と終焉」を心待ちに / 念ずれば通ず

お役に立つような立たないような記事たちですが、興味あるなとおもうものがあったら飛んでみてください。

1年たって リコードファイターまだまだ現在進行形、回復に向けて前進しています。

インフォメーション


RECODEプロトコルに必要なものは 毎日根気よくつづけること。どんなにつらくなっても信じること。身体と命を守るための当たり前の行動だから 必ず良い反応があります。主体は本人、そして支える家族。

実行者、回復者が増えてくることを望んでいますが、中途半端な実行は危険なこともありますから、しっかりとしらべていただきたいと思います。

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察 

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択



まずは「アルツハイマー病の真実と終焉」をお取り寄せしてみましょう。

【重要!!】
リコード部の黒沢うにさんがまとめてくださいました



ReCODE認定の先生
日本初のRECODE認定医 今野先生

暖かいお人柄と豊富な経験でサポートしてくださる菊池先生
認定医ではなくても栄養療法を取り入れているクリニックでは 協力を得やすいように感じています。


ここに経験者、仲間がいます。アルツハッカー掲示板メンバー登録



YOROZUサポートDr.をお知りになりたければ個人的に連絡くださるのも歓迎します。

私たちよりももっと大きく改善する可能性のある方が大勢いると思っています。
主人は改善が難しいと言われる型ですが 私たちはあきらめていません。



生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします



YOROZU×YOROZUの音楽活動にもご支援いただけましたらありがたいです


主人への取り組みをベースにリコード目線で音楽療法を編み上げました。リラクゼーション&フィジカルトレーニングに音楽を組み合わせ個人仕様でお手伝いします。幼児からシルバーまで!ヴァイオリン・ピアノ・ヴォーカル 楽しく学ぶならここ /京都 よろず音楽塾

オリジナルCDできました(¥1000+送料)お問い合わせください


Youtubeチャンネルにリハビリの様子が時系列でならんでいますYOROZU×YOROZU

コメント

このブログの人気の投稿

アルツハイマー病とどう生きていくか あまりにも過酷な選択

ReCODEプロトコルにまつわる困難とリスクについての考察

認知症になるとき ならないとき/予防法におもうこと